2015年05月08日

100円均一のセパレートコインケースがなかなか良かったのでご紹介です

1円を笑うものは1円に泣くといいます。
小さなお金でも大切にしなくてはいけないという諺ですが、買い物へ行くと小銭を出すの面倒でお札を出したりすると、ついつい小銭が増えてしまいます。小銭入れがパンパンになるのも嫌なので、壁のニッチカウンターとかにちょっとの間だけ置いておいたり、ちょっとの間だけ机の上に置いておいていたりしていたら、あちこちに小銭が散らかっているかのような感じになってしまいました。
小銭の整理になにか良いものはないかなあ・・・
最近はETCを使うので、ほとんど見なくなりましたが、高速道路の料金所でお札を出すと、料金所のおじさんはさっと小銭のお釣りを渡してくれました。ちらっと見たことがあるんですが、硬貨ごとに仕切られて、斜めに小銭を積むようなデザインで、金額がすぐわかるようにメモリと数字が入っているような、なんだか立派なケースを使っていました。
そこまで立派なものはいらないけれど、ちょっと探してみようと考えて、出かけたついでに100円均一のSeria(セリア)へよってみました。
ありましたよ良い物が。
これです。
coincase1.jpg
和泉化成株式会社製の「NEWセパレートコインケース」です。
IZUMI5569という製品番号のようです。
材質はポリプロピレン
サイズは118×76×33
収納枚数は、
1円硬貨 20枚
5円硬貨 10枚
10円硬貨 15枚
50円硬貨 15枚
100円硬貨 25枚
500硬貨 10枚
で、すべて入ると、8,620円です。
蓋をあけると、こんなかんじで仕切られています。
coincase2.jpg
部屋にあった小銭を入れてみると、思いの外少なくて驚きました。机の上や、ニッチカウンターにおいてあると、結構金額があるように見えたのですが、整理したら大したことありませんでした。
中の青色のケースは取り外しても使えます。
coincase3.jpg
また、青色ケースの下にレシートやお札をしまうことも可能です。
これを買ってから小銭が整理しやくすくなったし、小銭がいくらあるかわかりやすくなったので、とてもいいかんじです。
これが100円ですからお買い得です。
料金所や券売所の窓口で小銭を頻繁に扱うならもっと立派なものが必要かもしれませんが、普通の家庭ならこれで十分ですね。
良いですよ。お勧めです。




posted by はなさん at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。