2015年06月15日

玄関ポーチの電気を交換しました

玄関ポーチの電球が切れました。
以前交換したのはいつだったろう?

 

自分でやってみると簡単なものです。

 

2015-05-30 17.15.28.jpg
電球のカバーを取ります。

 

4箇所ネジ止めしてあるので、手で回してネジを外します。
2015-05-30 17.16.31.jpg
ネジを取ると、カバーが外れます。
ついでに掃除をします。

 

カバーをはずと電球のカバーが現れます。
このカバーは、ペットボトルの蓋みたいに土台に閉めてありますから、
時計の反対回り(のの字の反対ね)に回すと外れます。
2015-05-30 17.17.24.jpg
外したとこ。
なんだか電球型蛍光灯が茶色くなってますね。

 

この玄関ポーチの明かりは、カバーの耐熱設計の関係もあって、蛍光灯下LEDしかダメです。白熱灯にしたらカバーが溶けてしまいます。
2015-05-30 17.18.12.jpg
交換したとこ。
白くてキレイです。適当に安いものを買ったせいか、前のものよりサイズが大きかったようです。
でも問題ありません。

 

カバーは取り外した反対につけるだけです。

 

やってみると簡単ですよ。


posted by はなさん at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月01日

お風呂の換気扇トステムRMEG002が壊れたみたいなのでとりあえず掃除してみた


我が家の換気扇はうるさい音がする。

ある日、お風呂の換気扇を回したら、
「ゴゴゴゴゴギュゴギャゴギュゴギャ・・・」
というすごい音がするようになってしまった。

困ったときはすぐにインターネットで検索。
世の中いろんな人がいるものですね。
換気扇を交換する人、掃除する人。

我が家と同じようにうるさい音に悩まされている症状の方もいたました。
紹介したかったのですが、今検索しても同じサイトが探せませんので、私の記憶だけでご紹介します。
その方の雑音の原因は、モーターの軸についている、ベアリングのグリス切れによる摩耗だったそうです。
モーターの軸にはベアリングがあり、グリースが塗ってあるそうですが、それが長期間使うことによって、なくなってしまうそうです。
それでその方は換気扇を外して、モーターを外して、さらにモーターから軸を外してベアリングにグリースを塗っていました。

私も本当は分解修理したかったんですが、とても技術がありません。


とりあえず外して調べてみよう!

換気扇です。遠目にはよく分かりませんが、汚れています。
換気扇1.jpg
白いカバーの4隅に小さなゴムがあり、それを外すと奥にネジが有りますのでプラスドライバーで外します。

カバーを外したところ。
換気扇2.jpg
左がファン。ファンの中央にはモーターの軸が写っています。
右上は乾燥用のヒーターです。右下は制御機器が入っているブラックボックス?です。
結構錆びています。お風呂だからステンレスとか使うんじゃないの?って突っ込みたくなります。

換気扇のラベルが貼ってあります。
換気扇4.jpg
RMEG002 バスルーム 換気乾燥機
AC100V 50/60Hz 1400W TOSTEM
トステム株式会社

閲覧注意! カバーの内側はこんなに汚れていました。
換気扇3.jpg

ヒーターを取り外しました。こうしないと、ファンの回りの整風カバーが外れないからです。
換気扇5.jpg

ファンの中央のナットを緩めればファンは取り外せます。
換気扇6.jpg
左上の銀色の板は整風版です。この板が上下して、換気と乾燥を切り替えます。

ファンを外したところです。めがねレンチで何とか外せました。そんなにきつく締められていませんでした。
換気扇7.jpg

と、ここまで苦労しながらも、順調に外せましたが、肝心のモーターの外し方が分かりませんでした。
モーターの軸を手で回してみると、小さく「ゴゴ、ゴゴ」言います。やはりモーターの軸のベアリングが原因なのでしょうね。

カバーを外したところで、下からモーターの軸に向かってグリーススプレーをかけている人もネットで見ました。それだけで効果があるそうですが、残念ながら手元にグリーススプレーがなかったので、試すことが出来ませんでした。

結局、この日は白いカバーやファンを掃除して終わってしまいました。

グリーススプレーを買ってきてダメ元で試してみようか、それとも諦めて業者に頼もうか、悩むところです。






posted by はなさん at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする